馬刺しのたてがみ、、、知らなかった、馬刺しの真相???

お得情報サービス

みなさん馬刺しは好きですか?
* この記事は5分で読み終わります。

この記事で馬刺しの真相が明らかに!!!!
私も最近知ったのですが!!!

実は馬刺しって12種類の食べられる部位があり、そして12種類、全部味が違って美味しんですよ。

たてがみ


始めに、
たてがみ」から、
たてがみって、ニワトリのとさかみたいなところ食べられると思わないですよね?

実は、馬のたてがみは食べられて美味しいです。

たてがみは他の部位と比べて少しコリコリした食感があります。

味は脂のうまみと甘みがあります。

実は脂なのあっさりしている面もあります。

肩ロース。


次に
肩ロース」です。

肩ロースは赤身と脂身のバランスが優れており、
食感が柔らかく、馬肉本来の味が楽しめます。

肩バラ


次に
肩バラ」です。

肩バラは脂のジューシーさを楽しめ、
霜降り馬刺し言われる事があるみたいです

リブロース


次に
リブロース」です。

肉がきめ細かく、食感は柔らかく、
赤身脂身ともに上品なあじわいです。

サーロイン

次に
サーロイン」です。

馬肉の中でも柔らかく、
肉のきめは細かく適度に脂がのっております。

ヒレ

 

次に

ヒレ」です。
ヒレというのは何といっても柔らかい事です

その点は豚肉、牛肉と同じです。

馬肉のヒレはかなり厚切りしても、美味しくいただけます。

バラオビ

次に
バラオビ」です。
バラの中で脂のノリがいい方です。

ふたえご

次に


ふたえご」です。

バラの一部で白・赤・白と色鮮やかで
食感はコリコリしており、白の脂の部分とろける食感もあります。

クロッド

次に
クロッド」です。
馬の上半身のところ、
モモ系のような、赤身の甘さがある。

ランプ

次に
ランプ」です。
モモ系の肉で、肉質がしっかりしていて、
馬刺しでは薄切りで食べる。

外モモ


次に
外モモ」です。

モモ系の中の一番大きな部分になり、
赤身そのものの味わいを楽しめると思います

内モモ


次に
内モモ」です。

外モモより肉質が柔らかめで、
違いが外モモあまり変わらないです。


実はこのような12種類の馬刺しが、ありました。

馬刺しって以外とふかいですね。

以上で私が紹介したかった、
馬刺しの真相でした。

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

ぜひとも、他の記事も読んでいただくと幸いです。

PAGE TOP