国内線 飛行機 出張で後悔をしない、空港会社の選び方

お得情報サービス

*この記事は10分で読み終わります

この記事を読むと、今後の出張で快適な、空の旅が楽しめます。

初めての出張で損をしないための記事です。

どこの空港会社を選べばいいか悩みますよね?

そこで、私が紹介する、13社の空港会社のメリット・デメリットを紹介します。

ANA(全日空)

始めに、ANAから(全日空、ANAウィングス、ANA WINGS)

ANAと言ったら国内線、国際線の両方利用が出来る大きな会社です。

ANAのメリット

ANAが提供しているANAマイレージや「ANAカード」があります。

ANAカードで貯まった。

★ANAマイレージで座席のアップグレードや、無料フライトや、

ANAカードを使い続ければ、ANAマイルもたまります。

また、たくさんもサービスが利用できます。

ANAのデメリット

加入しているANAカードのプランによって、海外旅行で一番心配な、

けがや病気の際の保険がない事です。

IBEX(アイベックスエアラインズ)

次に

IBEX(アイベックスエアラインズ)です。

IBEXは仙台空港、大阪国際空港を拠点にしている、空港会社です。

IBEXは、ANA(全日空)のコードシェア便で運航をしています。

IBEXのメリット

IBEXの座席は革張りのシートになっていて、高級感があり、ビジネス機材として快適な旅を提供してくれます。

また、

★IBEXは「3日前」「7日前」「28日前」「45日前」のプランがあります。

予約のタイミングによってはANA・JALより安く空港券を買うこともできます。

さらに、

IBEXはANAとコードシェア便として運航しているので、

IBEXが運航する路線を、ANA便として乗る場合、ANAマイルをためることができます。

接保安検査場に進むことが出来る、ANAスキップサービスも利用ができます。

また、IBEXは早めの予約でお得になる早期購入特典が利用できます。
IBEXのデメリット

IBEXは独自のマイルポイントやマイレージがないため、

出張ビジネスで飛行機の乗る回数が多い方は少しお得ではないようです。

JAL(日本エアコミューター)

次に

JAL(日本エアコミューター)です

JALといったら国内線、国際線両方ある、大きな会社の一つです。

JALのメリット

JALが提供している、

★「JALカード」でフライトやショッピングでマイルが貯まる、

海外旅行保険、国内旅行損害保険が付帯しています。

貯まったマイルで、他のポイントに交換する事も出来ます。

例、pontaポイントの交換など。。。

カードのプランによって様々なサービスが受けられます。

例えば、機内販売商品が10%割引、JALパックのツアーが5%割引J

などがあります。

JALデメリット

JALカードで利用することで貯まるポイントがJALマイルだけです。

AMX(天草エアライン)

 

次に

AMX(天草エアライン)です。

AMXは熊本県を拠点とする空港会社です。

主要空港は福岡空港と大阪の空港です。

JALとのコードシェア便で運航もしています。

AMXのメリット

★AMXでは、過去に行われた、「サンタこす割」「乗るだけ運賃」

などのキャンペーンが豊富です。

また、

AMXの機材ATR42-600の場合

48席しかないので、の乗り降りがスムーズです。

さらに、

JALとコードシェア便をしているので、場合によっては、

JALマイルを貯めることが出来ます。

AMXのデメリット

AMXの機材ATR42-600の場合

かなり揺れやすい事です。

AIRDO(エアドゥ)

次に

AIRDOです。

AIRDOは北海道を中心にしている空港会社です。

ANAのコードシェア便としても運行しています。

AIRDOのメリット

★独自の「AIRDOカード」というのが存在しており、

AIRDOカードは三井住友カードと提携して発行しているカードです。

三井住友カードのインフラを利用していて、三井住友カードの一部機能を利用できます。

また、

AIRDOとANAの関係性が強いため、

機内サービス、乗務員、優先登場など、

様々な場面でエアドゥのルールが適用されます。

AIRDOのデメリット

AIRDOカードを保有することで入会する「AIRDOのポイントプラグラム」は

貯まったポイントをAIRDO特典空港券に変える他ありません。

ORC(オリエンタルエアブリッジ)

次に

ORC(オリエンタルエアブリッジ)です。

ORCは長崎空港を拠点としている空港会社です。

ANAとのコードシェア便としても運行しています。

ORCのメリット

長崎の離島に行くとなるとORCです。

★60日前から予約が出来る、

主な離島は、長崎~対馬、長崎~五島福江、長崎~壱岐、

となる

「アンダー21」などの様々な割引がある、

ORCのデメリット

離島に行く際の時間が一日に2~4ダイアしかないです。

J-AIR(ジェイエア)

次に

J-AIR(ジェイエア)です。

J-AIRはJALのグループ会社であり、

特徴としては、小型旅客機の運行をしています。

J-AIRのメリット

★JARグループの会社なので、JALのサービスがほとんど受けられることです。

JALマイレージバンクのサービスが受けられたりします。

J-AIRのデメリット

全便機内販売と、オーディオサービスが実施されていません。

NCA(新中央空港)

次に

NCA(新中央空港)です。

NCAは東京の調布飛行場から大島、新島、神津島、三宅島に行くための飛行機です。

NCAのメリット

船を使うより移動時間が早い

NCAのデメリット

船で行くより、料金が割高である。

ソラシドエアー

次に

ソラシドエアーです。

宮崎県宮崎市に本社があり、九州基盤の空港会社です。

ANAとのコードシェア便としても運行しています。

ソラシドエアーのメリット

★座席の空間が81㎝ある、

普通運賃だけで考えればANAやJALより、料金が安い。

また、

「三井住友カード」と提携しており、

「ソラシドエアーカード」という、お得なカードがあります。

マイルが貯まりやすい仕組みがあり、九州へのフライトがはかどります。

ソラシドエアーのデメリット

ソラシドエアーカードを作った場合、ソラシドエアーマイルは

他の空港会社の空港券には交換できないことです。

JTA(日本トランスオーシャン空港)

次に、

JTA(日本トランスオーシャン空港)です。

JTAはJALのグループ会社であり

主に沖縄県を拠点にしています。

★JTAのメリット

★JARグループの会社なので、JALのサービスがほとんど受けられることです。

JALマイレージバンクのサービスが受けられたりします。

JTAのデメリット

一部機材において、Wi-Fiのサービスがない事です。

FDA(フジドリームエアライン)

次に

FDA(フジドリームエアライン)です。

FDAは静岡空港、名古屋飛行場、神戸空港を拠点にしている空港です。

FDAのメリット

早朝の便でのサービスで提供される、コモのパンが食べられることです。

コモのパンというのは、名古屋空港の敷地がかかっている小牧市の会社のパンです。

さらに、「FDAメンバーズ」になることで、氏名や連絡先の省略などができます。
FDAのデメリット

手荷物のおおいさが45×35×20㎝までとなっておりちょっと小さめです。

HAC(北海道エアシステム)

次に

HAC(北海道エアシステム)です。

HACはJALのグループ会社です。

主に北海道を拠点にしています。

HACのメリット

★JARグループの会社なので、JALのサービスがほとんど受けられることです。

JALマイレージバンクのサービスが受けられたりします。

HACのデメリット

北海道の中を行き来する機材なので、座席が約40席しかないので、

ピーク時期には満席になることもあります。

RAC(琉球エアコミューター)

次に、

RAC(琉球エアコミューター)です。

RACはJALのグループ会社です

主に沖縄県を拠点にしていて、沖縄県の離島の運行をしています。

RACのメリット

★JARグループの会社なので、JALのサービスがほとんど受けられることです。

JALマイレージバンクのサービスが受けられたりします。

RACのデメリット

12個の路線を5機の飛行機で運航しているので、

離島から離島に行くさえ一回本島(那覇空港)を経由して行くしかないことです。

まとめ

★まとめ、

ほとんどの会社がJALとANAのコードシェア便になっており、

JALカード」や「ANAカード」などを作るとお得になる。

 

私が紹介した中で気に入った空港会社は有りましたか?

以上で私が紹介した、13社の空港会社です。


*この記事を最後まで読んでくれてありがとうございました。

ぜひ他の記事もありますので読んで下さい。

PAGE TOP