飛行機の騒音対策はこれだ!!!!飛行機の座席の選び方

お得情報サービス

* この記事は5分で読み終わります。
この記事を読むと、快適な空の旅が楽しめます!!!

皆さん飛行機に乗っているときに、騒音がうるさいと感じたことは有りますか?
または、窓側の席にしようか通路側の席にしようか
前の方に座るか後方に座るか
迷うことありますよね?

騒音について

まず初めに、
騒音について解説します。
飛行機の騒音とは、飛行機のエンジン音のことで、
人がストレスを受けずに過ごせる音は40~50db(デシベル)程度といわれております。
飛行機内、では70~80db(デシベル)と高い音が流れています。

その音がストレスに感じている人がいるのではないでしょうか?
また、機内では気圧の変化で耳鳴りを感じていることもありますよね。

それでは、本題に入ります。

騒音がうるさくない席はどこか?
正解は前の席です

前の席

なぜなら、前の席はほとんどの飛行機会社がファーストクラスといった、

ゆったりと過ごせる席が前の方にあるからです。

さらに、前の席の方は出口が近く早く降りられます。

また、後方の席と比べて揺れが少ないです。

飛行機は後方の方にエンジンを積んでいるので、前方の席は後方よりも静かです。
ファーストクラスなどは後方の席より、値段が高いように設定されていますが、
騒音の気になる方はファーストクラスなどをためしてはいかがですか?

後方の席

次に、
後方の席の特徴を紹介します。
後方の席はエコノミークラスなど、といわれており、
前の席よりチケットが安く買える傾向があります。

さらに、
複数人でチケットを取る場合、隣同士ですわりやすいです。
ただし、前の方に比べてエンジン音がうるさいです。
また、飛行機の出口が前方にあるので、降りる時間が遅くなります。

さらに、騒音がうるさいと感じる人は、
耳栓や、音楽鑑賞をしたい人は、

ノイズキャンセリングヘッドホン買うことも、おススメします。

次に
窓側通路側にするかです。

窓側

まずは、
窓側からです。

窓側の特徴は、外の景色が見やすく、壁にもたれて座ることが出来ます。
ただし、窓側席をとるのであれば、1週間前には背が埋まっていることが多いので、
1カ月前に席を取りましょう。
窓側の席だとトイレなどの席を立つさえ、隣の人に一声かけていくしかないです。

通路側

次に
通路側です。

通路側は、席を立ったり、トイレに行ったりしやすいです。
また、キャビンアテンダントさんに一声かけやすいです。
ただし、通路側だと、景色が見えにくい、です。

まとめ

 

まとめ、
飛行機の騒音が気になる人は前の席選んだほうが良い!!

耳栓やノイズキャンセリングヘッドホンの購入がおススメ!!

以上で私が紹介したかった、飛行機での、座席の選び方でした、



PAGE TOP