アパート経営をして見ませんか?自己資金が少ない方も年収アップ

副業

近年、不動産投資の収支構造を理解せずにアパート投資を行う者が増えており、警鐘がならされている

購入時と売却時に物件価格に対して合計約11%のコスト(仲介手数料、登記費用)がかかるため、買値より11%以上高く売れないとキャピタルロスが出る。

仲介手数料の法定限度額は200万円以下は5.5%(消費税込み)で、買いと売りの2回手数料がかかるので合計11%。

400万円以上の場合は3.3%+66,000円(消費税込み)で、往復6.6%+132,000円

不動投資の最中には、賃料に対しては最高で55%の税金、修繕費、管理費、固定資産税等がかかるため、税引後キャッシュフローを黒字にするためには、表面利回りが高い物件を低金利で購入する必要である。

 

マンション、アパート経営

 未経験の方も、自己資金が少ない方も
 マンション、アパート経営で年収アップ!

     【Oh!Ya(オーヤ)】
   ▼一括資料請求はこちら▼
不動産投資一括資料請求【Oh!Ya(オーヤ)】

トップへ戻る