「口裂け女」の恐怖:都市伝説の真実に迫る

都市伝説

日本の都市伝説の中でも、「口裂け女」はひときわ異彩を放っています。

1970年代に急速に広まったこの話は、今もなお、多くの人々に恐怖を与えています。


夜道に現れる「口裂け女」

物語はこう始まります。

ある夜、暗い道を歩いていると、奇妙な女性が子供たちに近づいてきます。

彼女は長いコートをまとい、マスクで顔を隠しています。そして、彼女はこう尋ねるのです。

「わたし、きれい?」 子供が「はい」と答えると、女性はマスクを外し、その口が耳まで裂けていることを見せます。

そして、再び問いかけます。「これでも?」 驚いた子供たちは逃げ出しますが、彼女はすぐに追いかけ、最終的にはその子供たちを殺してしまうと言われています。


1970年代の恐怖ブーム

この都市伝説が特に人気を博したのは1970年代でした。

当時、多くの学校でこの話が広まり、子供たちの間で大きな話題となりました。

教師たちもこの噂を恐れ、対策を講じる学校もあったと言われています。

しかし、口裂け女の正体については、さまざまな説が存在します。

ある説では、整形手術に失敗した女性が復讐を誓った結果だと言われ、また別の説では、古い日本の幽霊話が元になっているとされています。


現代の「口裂け女」

時が経つにつれ、「口裂け女」の話は変化し、進化してきました。

今日でも、新しいバージョンの話がインターネット上で語られています。

例えば、口裂け女が携帯電話を使って追いかけてくるという現代的なアレンジが加わることもあります。

また、一部のホラー映画やアニメでもこの話が取り上げられ、若い世代にもその存在感を示しています。

アソビバをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む