神秘の平家伝説:隠れた村の秘密

都市伝説

平安時代末期、壇ノ浦の戦いで敗れた平家の残党が、日本各地に逃れてひっそりと暮らし続けたという「平家の落人伝説」

。特に、四国や九州の山奥には、平家の末裔とされる村々が点在しており、そこでは独自の文化や風習が今も息づいています。

例えば、徳島県の祖谷地方。この地域には、平家の落人が隠れ住んだとされ、彼らが逃げ込んだと伝えられる「かずら橋」が現存しています。

自然の藤蔓で作られたこの橋は、険しい山々に囲まれた祖谷渓谷を渡る唯一の道として知られており、かつては外部の侵入を防ぐための重要な役割を果たしていました。

さらに、九州の奥地には、平家の血を引くとされる人々が住む村があります。

これらの村では、平家の物語が語り継がれ、独特の祭りや伝統が続いています。

たとえば、熊本県の五木村では、平家の落人たちが身を寄せたとされ、平家の文化が色濃く残る「平家踊り」が今も行われています。

これらの村々は、現代社会から離れた場所にあり、平家の歴史と伝統を今に伝えています。

旅をする際には、ぜひ訪れて、千年以上の歴史を感じると共に、現地の人々から伝統の物語を聞いてみてください。

彼らの物語は、ただの伝説ではなく、日本の歴史の一部として、今も生き続けているのです。

アソビバをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む