さとりさんが現れる儀式と、心を読まれる恐怖体験

都市伝説

心を読む存在「さとりさん」とは?

日本の伝統的な占いである「こっくりさん」は、多くの人に親しまれてきました。

しかし、その派生として語られる「さとりさん」は、さらに一歩進んだ神秘的な存在です。

さとりさんは、相手の心を読む能力を持っており、特定の儀式を通じて現れるとされています。

この都市伝説によれば、さとりさんが現れたとき、その場にいる人々の心を見透かし、あらゆる思考を読み取る力を発揮します。

さとりさんと対話をする際には、相手の思考を隠すことができないため、正しい答えを返さなければならないというプレッシャーが付きまといます。

さとりさんを呼び出す儀式と、その後のやり取りについて詳しく見ていきましょう。


さとりさんを呼び出す儀式とそのプロセス

さとりさんを呼び出すためには、特別な儀式が必要です。

この儀式は、こっくりさんのように簡単ではなく、慎重に進めなければなりません。

まず、さとりさんを呼び出す場所を決めることが重要です。

静かで落ち着いた場所が適しており、邪魔が入らないように注意が必要です。

次に、さとりさんに対して敬意を持って準備を整えます。

儀式に使用する道具は、紙とペンだけでなく、心を集中させるためのアイテムも必要とされることがあります。

さとりさんを呼び出す際には、心の中で願いを込めながら、「さとりさん、来てください」と声に出して呼びかけます。

さとりさんが現れるとされるサインは、空気が急に冷たくなったり、周囲の音が一瞬止まったりすることです。

これらのサインを感じたら、さとりさんがすぐそばにいると信じられています。

そして、さとりさんとの対話が始まりますが、ここで重要なのは、彼女があなたの心を読んでいることを意識することです。


さとりさんとの対話と注意点

さとりさんとの対話は、彼女があなたの思考を読んでいるため、非常に緊張感があります。

彼女が質問をするとき、その答えが心の中にある限り、嘘をつくことはできません。

さとりさんは、正しい答えを提供しなければ怒り、災いをもたらすと言われています。

そのため、彼女の質問には正直に答えることが求められます。

しかし、さとりさんに対して恐れずに対話を進めることが大切です。彼女とのやり取りは、心を開き、素直な気持ちで向き合うことが成功の鍵です。

さとりさんが満足すると、彼女は静かに去っていきます。儀式が終わった後は、感謝の気持ちを忘れずに心の中で伝えることが大切です。

また、さとりさんを呼び出す儀式は慎重に行わなければならず、軽い気持ちで試すべきではありません。

心の準備ができていないと、彼女の力が予想以上に強く感じられ、精神的に大きな負担を感じることがあります。

そのため、十分な注意を払いながら儀式を行うことが重要です。

アソビバをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む