夜中に響く子供の泣き声: 夜泣き石の恐怖

都市伝説

古い神社や寺の境内にひっそりと佇む「夜泣き石」。

この石には、昔、近くで亡くなった子供の魂が宿っていると言われており、夜になると不気味な子供の泣き声が聞こえるという都市伝説が存在します。

地元の人々の間では、この石に近づくと奇妙な現象が起こると恐れられています。

深夜、人気のない道を歩いていると、どこからともなくかすかな泣き声が聞こえてくることがあります。

この声を無視して通り過ぎる人もいますが、立ち止まってその音の方向を探すと、まさにその場所には「夜泣き石」があるのです。

泣き声に引き寄せられ、石のそばに立ち止まった瞬間、まるで誰かに見られているような不気味な感覚に包まれます。

この石にまつわる最も恐ろしい話は、泣き声に応じて立ち止まった人の前に、石から小さな手が伸びてくるというものです。

その手に触れられると、引き寄せられるように動けなくなり、逃げ出すこともできないと言われています。

この都市伝説は、特に夜遅くに出歩く人々にとって恐怖の対象となり、昔から伝えられてきた物語です。

このように「夜泣き石」の伝説は、地方の特定のコミュニティで広まっているため、全国的にはあまり知られていません。

しかし、地元の人々にとっては非常にリアルな存在であり、今でもその石の近くを通ることを避ける人が多いのです。

恐怖と神秘が交錯するこの話は、現代でも人々の興味を引き続けています。

アソビバをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む